• 結賀

版画展&原画展


昨年12月20日に発表されました版画展が、アールジュネスさんのギャラリーで今年の1月30日~開催されます。

色々な会場で開催されますので、お住まい近くに会場がありましたら、足を運んでいただければと思います!入場無料です。

詳細はこちら ▼

https://www.artjeuness.net/plus/yuiga/

※開催期間のかぶる会場では展示予定の原画点数すべてを展示することができません。予めご了承ください。

描きおろし版画は「E'S」1点と、オリジナル「伽藍鳥鑑定縁起」から1点ずつの計2点になります。

他、描きおろし以外での「E'S」、「カオスレギオン」「終極のDolls(蒼玉のノア)」「お憑彼サーカス」が版画化されて展示予定です。

各作品、合わせて他原画の展示も数点ある予定です。

初版画化ということで……

当初お話をいただいた時は、

「デジタルの版画化って……えええ」

と、戸惑いがあったのですが、(『元がアナログインクの絵画ではないのに大丈夫?』みたいな)展示作品をどれにするか担当さんと過去のデータ確認をしていたやりとりの間に、その考えは一変しました。 データのサルベージをしていたら、逆に【デジタルデータの寿命】の重大さを痛感することになり、

「紙(しかも豪華印刷物)にしておく有り難み………大事。」と、

反省と感謝と、版画職人さんのテクに感謝することに。

しかも、これまで商品カバーを飾ったり、雑誌4色のCMYKで印刷されたものとも違う、何色もの色の再現が可能な版画ならではの色味になるのですから、おそらく展示会で現物を見る方も、初めて見るカラーだと感じることができると思います。

是非その感覚も楽しんでいってください。 (あとはやっぱり、懐かしさも楽しんでもらえればw;;フクザツ泣き笑い)

このあとの追加情報はツイッターでお知らせできればと思います。

(c)Satol Yuiga (c)SQUARE ENIX (c)KADOKAWA (c)Rejet (c)Re;no,lnc.


最新記事

すべて表示

七月にメールを下さった方々へ

今年6月末~7月頭、同案件で数名の方々から相談メールや、報告メールをいただきました。 すべて目を通しております。 寄せられたメールの内容は、《H氏に対して行きすぎた意見をネットに書き込んだ》という理由からプロバイダ開示請求が届いてしまったというものでしたが、ネットに書き込んだ内容的にもプロバイダ開示請求に納得できないと、強く拒否の意思を報告された方、親御さんや弁護士さんに相談する予定だと報告をされ

© Satol Yuiga : ECLIPSE-RABBIT